結婚相手の選び方

フリーランスの業務内容は行っている仕事によって異なるものの、大きな企業によって雇用されているわけではないことから収入が不安定であるということだけは共通する点である。飲食店等の店舗を経営している場合には人気がある時には収入は大きいと期待できるものの、漫然と経営していてリピート客の獲得もできなければいずれ収入が減ってきてしまう。フリーエンジニアやライター、陶芸家などの技術者や芸術家として働いている場合には持っている技能の流行り廃りによって顧客の獲得ができなくなると廃業せざるを得なくなるリスクすらあるのである。

そういった将来の先行き不安が必ずあるのがフリーランスであることから、結婚をする際には理解がある人でなければならない。飲食店等の場合には業務を手伝ってもらうことも可能であり、そういった支援をしてくれる相手が望ましいだろう。技術者のような場合には、互いに独立して仕事をしていける相手であると収入に関して不安を抱かずに生活していくことができる。フリーランスとしての業務内容によって結婚相手も適切に選べることが理想的であり、それによってそれぞれの職種における豊かな生活を送っていくことができるようになるのである。また、結婚に際して業務内容を見直すというのも良い方法となる場合がある。ハイリスクハイリターンからローリスクローリターンの仕事に切り替えることによって安定した生活を営めるようになるからである。結婚しても続けられる仕事を選ぶのが、結婚への近道かもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です