働き続けるためのフリーランス

結婚すると、どうしても家族に対してすべきことなどが多くなってきてしまうものである。仕事に集中したくても家族の急な病気などに遭うと、仲間に迷惑をかけてしまうという事も起こりうるのだ。
特に会社の中でで仕事をする場合、人間関係の維持という事も大切になってくるため、仕事以外にも付き合いで飲み歩くという事も多くなってしまう。このように拘束される時間が長いことは、家庭を持っている人にとって大きな障害ともなるものなのである。特に女性は家事の負担が大きいこともあり、仕事をあきらめるという選択を行ってしまう方も多い。

そのようなときにフリーランスという働き方は大きな役割を果たすことになる。もちろん大きな組織でまとめて仕事を受けたほうが効率的であるという考え方もできる。しかし、そのような形では自分の働き方を自分で調整することが難しい。周囲のペースについて行けなければ迷惑をかけてしまうという事もある。
しかし、フリーランスとして働くのであれば、自分で仕事を取ってくる難しさはあるものの、時期によって仕事の受け方を調整するという事もしやすくなる。納期を守ればいつ仕事をするかは自由であることが多いので、子育てや介護などで時折手を掛けなければならない時期などにはこうした形で働くことで、自分の能力を失うことなく社会の中で活躍できるのである。このように、フリーランスという形には結婚後も働き続ける環境を作るという役割もあるのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です