女性が主人公の映画やドラマ

ドクターXという日本のドラマが大ヒットして、20%を超える視聴率を取得していたのも記憶に新しい。これはフリーランスの医師が活躍するという物語になっていて、現代における働き方の一つを提示したドラマだと言っても過言ではないだろう。
女性は結婚をして家庭に入るものだという古い価値観はすでに遺物と化していて、今では女性も普通に働くし、キャリアアップしていくのだということを思い知らされるドラマになっていた。

これに憧れてというわけでもないだろうが、近年は年を経るごとに女性の活躍が目立ってきているのだ。
各国で女性大統領が誕生したり、今まで男性しかいなかった肉体労働の現場にまで女性の進出が見られるようになった。しかもフリーランスとして働く生き方を選択する女性も増えてきていて、フリーライターやフリーエンジニアなど、さまざまな場所で女性らしい細やかさを見せているのだ。
少子高齢化社会になるので、女性の力は絶対に必要になると言われている。そのため、こういった女性の社会進出は歓迎すべきことではないだろうか。

フリーランスの女性を主人公にした映画やドラマは、日本ではかなり数が多い。少女漫画文化が世界に類を見ないほど深く根付いているために、そこでたくさん良質な作品を見つけられるからだ。漫画がドラマ化・映画化されることも珍しくなくなってきているので、そうした作品群が人々の目に触れる機会も割りと多くなってきているのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です