忙しさを克服し結婚を考える

フリーランスで仕事をしている場合の収入は、会社員のように定期的に入ってくることが約束されていない性質のものが多いのではないだろうか。依頼がない限り仕事も発生しないので、仕事の依頼がない状態が続けば無収入の状態が続くケースもあるはずだ。中にはクライアントと顧問契約をしていて毎月定額の報酬を受け取っている人もいるかもしれないが、こういったケースであっても、いつ値下げ交渉がくるか、契約を打ち切られるかというリスクがあり、盤石とはいえないだろう。

独立して事業をしている場合の収入にはそういった性質があるため、同じ年収である会社員と比較した場合、収入の維持が不安である。そのため、どうしても「もっと働かなくては」と考えてしまいがちだ。また、一般的には働けば働くほど収入が増えるのが自営業の特徴であり、そのため、収入の不安を解消するために、いつでも忙しい状態が続くのが自営業の一つのパターンなのである。
収入が不安で忙しい状態が続けば、フリーランスが結婚を考える優先順位が下がってきてしまうだろう。自分の収入で配偶者を養おうと思えば、多少減っても大丈夫なレベルまで年収を引き上げなければ、安心して結婚生活を続けることができないと消極的になってしまうのも無理はない。しかし、二人で生活を築き、苦労を乗り越えていくという考え方をとれば、フリーランスであっても結婚について積極的に考えることができるのではないだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です